TOP |   日本語 | Global website |   中国語 |

  TEL : 0120-89-5323

資料請求

          鮮度保持

鮮度保持 効果・特性

◎ドリップ(うまみ)の流出を防ぎ、食品自体の熟成(アミノ酸の増加)が進み旨みが増します。

チルド状態での保存ですのでドリップ(うまみ)の流出を防ぎ、食品自体の熟成(アミノ酸の増加)が進み旨みが増します。

 

食品・飲料のチルドとは⇒凍結寸前の温度まで冷却し保存すること。鮮度は、温度が低いほど保たれますが、冷凍してしまっては解凍時に品質が落ちるため、チルド状態が鮮度を保つのに最も適した温度だと言われています。

 

 

◎解凍した食材を保管しても身痩せ、ゆるみが起きにくい。

解凍した食材を保管しても身痩せ、ゆるみ、色移り、異臭が起きにくいです。

 

 

 

◎臭い移りが気になる食材の保管に最適です。

いろんな種類の食材を一緒に収納しても、臭い移りがおこりにくい特性があります。

 

 

 

◎きれいに盛り付け後・仕込み後の保管(みずみずしさ・色つや持続)に最適です。

事前に、刺身を切り盛りしたり、肉をスライスする等の仕込みをしても、お客さまに出す時まで、みずみずしさや色つやが鮮度保持します。 また食材の変色もなく、くっつき、乾燥、型崩れが起きにくい特性があります。

DENBA+ 3WAY System

DENBA冷蔵

細胞を活性化し鮮度保持します。世界初、空間静電波システム。

Read More

DENBA冷凍

-18℃から-25℃の温度帯で細胞壊さない。高品質な冷凍を実現。

Read More

DENBA解凍

解凍時のドリップ最大95%カット。 ロス率削減で顧客満足度アップ。

Read More

お電話でのお問い合わせ

営業時間 平日 9:00〜18:00

0120-89-5323

対応言語 日本語・English・中国語・台湾語・韓国語

5ヶ国語対応

メールでのお問い合わせ

info@denba.co.jp

メールでのご相談

サポートコンテンツ

大切なお客様へ

サポート体制

Copyright© DENBA  All Rights Reserved.

info@denba.co.jp

info@denba.co.jp
info@denba.co.jp
info@denba.co.jp
info@denba.co.jp