肉を扱うシーンはランク(等級)、産地など様々です。

生鮮や加工品、保管温度など様々な問題を抱えています。

DENBA技術を応用することで、鮮度保持、細胞を壊さず冷凍、高品質解凍を可能とし、高付加価値商品をつくりだすことが可能となります。

業務用冷蔵庫、プレハブ庫など様々な場所でご使用いただいております。

弊社独自技術により、放電板から周囲360度の空間、なおかつ非接触状態で、様々な効果を発揮します。

また、製品もコンパクトで、既存の冷蔵設備に後付けするだけ、設置も簡単です。

業務用冷蔵庫、プレハブ庫など
様々な場所でご使用いただいております。

弊社独自技術により、放電板から周囲360度の空間、
なおかつ非接触状態で、様々な効果を発揮します。

また、製品もコンパクトで、既存の冷蔵設備に後付けするだけ、設置も簡単です。

神戸牛取扱店舗様の事例:

A5ランクの神戸牛。お客様へ提供する直前まで鮮度を保つのに苦心されていました。

DENBA技術は、氷点下不冷凍環境をつくりだすため、より低温冷蔵保管が可能となり、劣化抑制が可能となりました。

氷点下不冷凍技術は、細菌抑制につながり、解凍が必要なシーンでは、ドリップ低減をも可能にします。

DENBA技術は、多くの国産ブランド牛(神戸牛、米沢牛、近江牛、常陸牛など)の鮮度保持に使用されています。

仕出し、割烹料理業様の事例:

牛肉は取扱が非常に難しい食材のひとつであり、多くのお客様が困られています。

冷凍(緩慢温度帯【-20~-25℃程度】)させると商品価値が下がるのが常でしたが、DENBA技術は、氷点下不冷凍保存(-2℃)を可能にするため、保存期間延伸、劣化抑制を可能にします。

以前は2周間程度で商品価値を失い、廃棄せざるを得なかった。

DENBA技術は、解凍の際、外側と中心部を同時解凍可能にするため、乾燥を低減、解凍品質が向上します。

唐揚げ専門店様の事例:

唐揚げの肉にも等級があります。また、鶏肉は鮮度を保つことが非常に難しく、また冷凍肉を解凍する際のドリップ低減が課題でした。

DENBA技術により、鮮度を保ち、解凍時のドリップ低減が可能となりました。

様々な食材が混載されている業務用冷蔵庫。

肉のみならず、魚介類、野菜類なども同時に鮮度保持が可能となります。

DENBA+ 3WAY System

DENBA 冷蔵

細胞を活性化し鮮度保持します。世界初、空間静電波システム。

Read More

DENBA 冷凍

-18℃から-25℃の温度帯で細胞壊さない。高品質な冷凍を実現。

Read More

DENBA 解凍

解凍時のドリップ最大95%カット。 ロス率削減で顧客満足度アップ。

Read More

Movie

Read More >>

お電話でのお問い合わせ

平日9:00~18:00

0120-89-5323

適用言語:

日本語、英語、中国語、韓国語、台湾語

メールでのお問い合わせ

info@denba-global.com

Emeilでのご相談

サポートコンテンツ

大切なお客様へ

支援体制